元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
医者が泣くということ〜細谷亮太

シュバイツアーの言葉より
「生命という名のつくものすべてに対して
私は畏敬の念を抱かずにはいられない
生命と名のつくものすべてのものに
私はあわれみを感じないわけにはいかない
それが道徳の始まりであり基本である

一度その感情を経験し、以後ずっとそれを経験しつづけると
一度経験した者は必ず経験し続けることになるのだが
その人は倫理観のある人間となる

その人は自分の中に道徳を持っているため
それを失うことはない
なぜなら それは その人の中で育ってゆくからである。

ところが一度もそのような経験のない人は、
ただいくつかの表面的な原則しかもっておらず
それらの原則は、彼の心に根を下ろしてないために
彼のものではなく いつの間にか消えてしまうのだ」
というのがある。

かれの原体験は、小鳥をパチンコで撃とうとした時に
「汝殺すなかれ」という神の声を聴いたというものである。
私の命についての原体験もちょっと似ているのだが
根本的に違う。
私は、パチンコですずめを撃ってまぐれであたり、
そのすずめは死んでしまったのだ
ひどいショックだった。、それが私の原体験である。

子どもの頃、
命について考える機会が与えられたということを私はとても幸運なことだと
思っている。



| Private | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend