元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
「空が青いから白をえらんだのです」より 母に向けての詩の抜粋

 奈良少年刑務所 受刑者の詩


「もうしません」

何度おかんを裏切ったかわからん

「もうしません」っていうたびに
おかんは おれを信じてくれた

それでも おれは 裏切り続けた

そのたんびに 許してもらった

母親だから 許すのがあたりまえ
子供だから ゆるされてあたりまえ
そう思ってきたけど

ちがうんやな

おかんはおれのこと ほんまに愛してくれるから

いつか おれが自分のまちがいにきっと気づくはずだと信じてくれるから
辛抱強くまっていてくれるんやな

おかんは偉大や
おれ がんばるで





「バカ息子からおかんへ」

恩返しなんて おれにはできひん

もらったもんが 大きすぎるから

恩返しなんて おれにはできひん

でも
悲しませることは もうせえへん

もうせえへんよ おかん

| Private | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend