元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
シェークスピア(イギリス)ソネット108より
What's in the brain that ink may character
Which hath not figured to thee my true spirit?

これまでぼくの誠実な気持ちを君にあらわしてきた以上に
インキで文字に出来る思いが僕の頭の中にあるだろうか?

What's new to speak,what now to register,
That may express my love , or the dear merit?

僕の愛や君の立派さを表現するのに、今まで以上に
新しい言葉や初めて記すことなど、あるだろうか?

Nothing,sweet boy; but yet, like prayers divine,
I must each day say o'er the very same,

愛おしい君、そんなものは何もない。だが、お祈りのように
僕は毎日同じ言葉を繰り返すのだ。言い古したことを。

Counting no old thing old, thou mine, I thine,
Even as when first I hallowed thy fair name.

古いとも思わず、君は僕のもの、僕は君のものと、
初めて君の美しい名をあがめたときと同じ文句を

So that eternal love in love's fresh case
Weighs not the dust and injury of age,

だから、生き生きした表現の衣に包まれた永遠の愛は、
老いによる劣化や破壊をものともしないし

Nor gives to necessary wrinkles place,
But makes antiquity for aye his page,

必ず襲ってくる皺にも負けはしない。
古いものをいつまでもそばにはべらせるのだ。

Finding the first conceit  of love there bred,
Where time and outward form would show it dead.

時と外形からは、愛が死んだかに見えるまさにその場所に
愛が始まった時の気持ちが育んでいるのがわかるのだ。


| Private | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend