元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
道をひらく〜The path~松下幸之助、体験の上に より
 ここに非常な水泳の名人がいるとする。
そして、この名人から、いかにすれば水泳が上達するかという講義をきくとする。
かりに、三年間、
休まず怠らず、微に入り細にわたって懇切丁寧に講義を受け、
水泳の理を教えられ、泳ぎの心がけをきかされる。
それをめでたく卒業のゆるしを得たとする。
だがはたして、それだけで実際に直ちに泳ぎができるであろうか。


たちまちブクブク疑いなし。講義をきくだけでは泳げないのである。
やはり、実際に、このからだを水につけなければならない。


そして、涙のこぼれるような不覚の水も飲まねばならない。
ときには、死ぬほどの思いもしなければならないであろう。


そうしてこそ水に浮けるし、泳ぎも身につく。
体験の尊さは ここにあるわけである。

教えて手引きは、この体験の上に生かされてはじめてその光を放つ。
単に教えを聞くだけで、何事もなしうるような感覚をつつしみたいと思う。


| Private | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend