元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
モリー先生との火曜日〜 第6の火曜日〜感情について。ミッチ・アルボム


 第6の火曜日〜感情についてから抜粋
経験から自分を引き離す

女性への愛でも、愛するものを失った悲しみでも、私が今味わっているような死にいたる恐怖、苦痛でもいい。
そういった感情にしり込みしているとー
つまり、とことんそれと付き合っていこうという考えを持たないと
自分を切り離すことは出来ない。
いつも怖がってばかりいることになる。
痛みが怖い。
悲しみが怖い、
愛することにつきものの傷つくことが怖い。
ところが、そういった感情に自分を投げ込む。
頭からどーんととびこんでしまう。
そうすることによって
その感情を十分にくまなく経験することが出来る。
痛みとはどういうものかわかる
愛とは何かがわかる
悲しみとは何かがわかる
そのときにはじめてこういえるようになるんだ。
「よし! 自分はこの感情を経験した。その感情の何たるかがわかった。今度はしばらくそこから離れることが必要だ」


さびしさについてもおなじこと。
おさえるな、涙の流れるままにまかせろ、とことん味わえ
そうすれば、やがてこう言えるようになる。
「よし!さびしさと同居の時間は終わった。もうさびしいのは怖くない。
寂しさは脇へどけて、世の中には、ほかにも感情がいろいろあることを知って、
それも同じように体験することにしよう。」

「離れるんだ。」



| Private | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend