元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
モリ―先生との火曜日〜第八の火曜日〜かねについて。ミッチ・アルボム
 第八の火曜日〜かねについてより抜粋。

今まで行く先々で、何か新しいものをがつがつ買いたがる人にぶつかってきた。
やれ新車だ、やれ新しい地所だ、やれ最新のおもちゃだ。それをまた人に言いふらしたがるんだな。

「ねえねえ、何買ったと思う? 何買ったと思う?」

これには、私流の解釈があってね。この人たちは、愛に飢えているから、
ほかのもので
間にあわせているんだよ。
物質的なものを抱きしめて、向うからもそうされたい。
だけど、うまくいかない。

物質的なものは、愛や優しさの代わりにはならない、友情の代わりにはならない。

かねは、やさしさの代わりにはならない。


この国では、ほしいものと必要なものがまるっきりごっちゃになっている。
食料は必要なもの
チョコレートサンデーはほしいもの
自分を欺いちゃいけないよ。
最新型のスポーツカーは、必要ではない。豪邸は必要ではない。
はっきり言って、そういうものから満足は得られない。
ほんとうに満足を与えてくれるものは何だと思う?

「自分が人にあげられるものを提供すること」

「別にかねのことを言ってるわけじゃない。時間だよ。
あるいは心づかい。話をすること。」


心を広く持って初めてどんな人とも対等に付き合うことができる。

こうしてあげたいと、心の底から出てくることをやるんだな。
そうすれば、不満をおぼえることはない。
うらやむことはない。
人のものをほしがることもない。
逆にこうしてもらいたいと、
心の中へ戻ってくるものには押しつぶされてしまう。





| Private | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment








Trackback

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend