元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
夜と霧〜ヴィクトール・E・フランクル 訳 霜山徳爾
 「苦悩の冠」より〜

創造的および享受的生活ばかりが意味を持っているわけではなく
生命そのものが一つの意味をもっているなら
苦悩もまた一つの意味を持っているに違いない。
苦悩が生命に何らからの形で属しているならば、
また運命も死もそうである。
苦難と死は人間の実存を始めて一つの全体にするのである!






絶望との戦いより〜

ここで必要なのは、
生命の意味についての問いの観点変更なのである。
すなわち人生から
何をわれわれはまだ期待できるかが問題ではなくて、
むしろ人生が
何をわれわれから期待しえいるかが問題なのである。




すなわち、われわれが人生の意味を問うのではなくて、
われわれ自身が問われた者として体験されるのである。
人生はわれわれに毎日毎時間問いを提出し、
われわれはその問いに、
詮索や口先ではなくて、正しい行為によって
応答しなければならないのである。
人生というのは結局、
人生の意味の問題に正しく答えること、
人生が各人に課する使命を果たすこと、
日々の務めを行なうことに対する責任を
担うことにほかならないのである。

この日々の要求と存在の意味とは、人毎に変わるし、
また瞬間毎に変化するのである。
従って人生の生活の意味は
決して一般的に述べられないし、
この意味についての問いは
一般的に答えられないのである。

各人にとって唯一つで一回的である人間の運命は、
この具体性を伴っているのである。
如何なる人間、如何なる運命も
他のそれと比較され得ないのである。
如何なる状況も繰り返されないのである。
そして、
その状況ごとに人間は異なった行動へと呼びかけられるのである。





〜〜〜〜
リルケをして「苦悩の極みによって如何に昂めらし」とうたわせるもの

全くわれわれにとって苦しみぬくこと、
「苦悩の極みによって如何に昂めらし」うることは充分にあったのである。
従って必要なものはそれをいわば直視することであった。
もちろんそこには、気が弱くなる危険や、
秘かに涙を流したりすることもあるのであろう。
しかし、彼はその涙を恥じる必要はないのである。
むしろ、
それが彼が苦悩への勇気という偉大な勇気を持っていることを
保証しているのである。
しかし、そのことを知る者は少なく
多くの人は恥じながら
彼が何度も泣き抜いたことを告白するのである。
・・・わたしがかつて、どうして彼の飢餓浮腫が癒ったかと聞いたある友は
比ゆ的に次のように云った。
「私がそれを泣きぬいたからです」



〜〜〜
しかしながら
人生は彼らからまだあるものを期待しているいうこと
すなわち人生におけるあるものが
未来において彼らを待っているということを
示すのに私は成功したのであった。

この各個人が持っている、
他人によって取りかえられ得ないという性質
かけがえないということは、
意識されればー
人間が彼の生活やいき続けることにおいて
担っている責任の大きさを明らかにするものである。
待っている仕事。あるいは待っている愛する人間、
に対しても持っている責任を意識した人間は
彼の生命を放棄することが決して出来ないのである。
彼はまさに彼の存在の「何故」を知っているのであり、
従って、また「ほとんど如何なる如何に」にも耐え得るのである。

| Private | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

医者が泣くということ〜細谷亮太

シュバイツアーの言葉より
「生命という名のつくものすべてに対して
私は畏敬の念を抱かずにはいられない
生命と名のつくものすべてのものに
私はあわれみを感じないわけにはいかない
それが道徳の始まりであり基本である

一度その感情を経験し、以後ずっとそれを経験しつづけると
一度経験した者は必ず経験し続けることになるのだが
その人は倫理観のある人間となる

その人は自分の中に道徳を持っているため
それを失うことはない
なぜなら それは その人の中で育ってゆくからである。

ところが一度もそのような経験のない人は、
ただいくつかの表面的な原則しかもっておらず
それらの原則は、彼の心に根を下ろしてないために
彼のものではなく いつの間にか消えてしまうのだ」
というのがある。

かれの原体験は、小鳥をパチンコで撃とうとした時に
「汝殺すなかれ」という神の声を聴いたというものである。
私の命についての原体験もちょっと似ているのだが
根本的に違う。
私は、パチンコですずめを撃ってまぐれであたり、
そのすずめは死んでしまったのだ
ひどいショックだった。、それが私の原体験である。

子どもの頃、
命について考える機会が与えられたということを私はとても幸運なことだと
思っている。



| Private | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

やめないよ〜三浦知良
 2009.10.30
批判されて強くなる〜

誰だってたたかれるのは嫌だ。
でも批判をうけていたかいないかで、逆境の時の乗り越える強さが変わってくる
選手は、ミスを指摘されて
「もうしない」と改めて意識する。
批判から学べるか。
悔しさを知り、もまれた選手は強い

経験から言えば、
いいことしか言われない時期は、「まだまだ」なんです。
悪いことも言われて初めて一流に近づく。
それを越えてこそ超一流じゃないかな。
テレビで眺めて、「日本代表いまいちだね」というのは簡単。
実際に六万人に見つめられるピッチで、
代表として何度もプレーすれば
いかに難しいかわかる。
言うよりも言われるほうがいいよ。
僕は何かと言われていたいね。ずっと。




2010.12.27
人生に偶然はない〜

カズは何かを持っているとよく言われるけど、
持っているからじゃないんだ。
この一年、試合形式の練習は僕にとっての公式戦だった。
試合前日でもメンバー外の選手と球を追った。
調整と思って臨んだ練習なんて一度もない
グラウンドでの一瞬一瞬、
僕は本番をプレーしていた。
それが、最後に最高の90分間をもたらしてくれたと信じる。

2010年シーズンをまとめます
人生に偶然はない。
大分戦で輝けたのは偶然じゃない
だからこうも思う。1998年W杯にいけなかったのも偶然じゃない。
岡田武史監督がどうこうでもなく
僕に力がなかったのだと。
努力が足りなかったのだと。

2011年もここで記憶に残るゴールを見せるようがんばる。
素晴らしき90分間を思い出す。
幸せ、やりきった充実感。。。。
ずっとやっていたいね。死ぬまでね。





| Private | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

雑文集〜村上春樹
ジムモリソンのソウルキッチンより


「ハートに火をつけて」という日本のタイトルはあまりにも明るすぎる。
これはどうしたってLight my fireでしかないのだ。


Come on baby light my fire
Come on baby light my fire
Try to set the night on fire


さあ〜ベイビー俺に火をつけてくれ
さあ〜ベイビー俺に火をつけてくれ
夜を燃やしちまおうじゃないか!


僕は、この曲のリフレインの歌詞をそんな風に理解している。
上品に「僕のハートに火をつけ」たり、
「夜じゅう燃え上がる」のではなくて、もっと本当にフィジカルに
肉そのものに、夜そのものに火をつけるのだ。


| Private | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

雑文集〜村上春樹
 余白のある音楽は聞き飽きない より

ピアニストのグレン・グルードが
本当の音楽とは、観念として楽譜の中にあるんだ
という意味のことを言いました。

一応便宜的に音に変換しているけど
本当はそんなものを聞かなくても
音楽としての観念が楽譜から伝わればいいんだと。

確かに音楽って一種の純粋観念だよなあとときどき思いますよね。

ただ、その観念をキャッチするのは、
普通の人にとってはなかなか容易なことではない。

ポケットラジオで感動できるのは、事実だけど
いい音は観念をキャッチするためのよき手助けとなるということも確かですね。





僕にとって音楽というものの最大の素晴らしさとは、何か

それはいいものと悪いものの差がはっきりとわかる 
というところじゃないかな

その差がわかるのとわからないとでは
人生の質みたいなものが大きく違ってきますよね。

価値判断の絶え間ない堆積が僕らの人生を作っていく
人によって、絵画であったり、
ワインであったり、
料理であったりするわけだけど

僕の場合は音楽です。







| Private | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

道をひらく〜The path~松下幸之助、体験の上に より
 ここに非常な水泳の名人がいるとする。
そして、この名人から、いかにすれば水泳が上達するかという講義をきくとする。
かりに、三年間、
休まず怠らず、微に入り細にわたって懇切丁寧に講義を受け、
水泳の理を教えられ、泳ぎの心がけをきかされる。
それをめでたく卒業のゆるしを得たとする。
だがはたして、それだけで実際に直ちに泳ぎができるであろうか。


たちまちブクブク疑いなし。講義をきくだけでは泳げないのである。
やはり、実際に、このからだを水につけなければならない。


そして、涙のこぼれるような不覚の水も飲まねばならない。
ときには、死ぬほどの思いもしなければならないであろう。


そうしてこそ水に浮けるし、泳ぎも身につく。
体験の尊さは ここにあるわけである。

教えて手引きは、この体験の上に生かされてはじめてその光を放つ。
単に教えを聞くだけで、何事もなしうるような感覚をつつしみたいと思う。


| Private | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

道をひらく〜The path~松下幸之助、素直に生きるより
 逆境は尊い。
しかし、また順境も尊い。
要は、逆境であれ、順境であれ、
その与えられた境涯に素直に生きることである。
謙虚の心を忘れぬことである。



素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み
順境はうぬぼれを生む。
逆境、順境そのいずれをも問わぬ。
それはその時のその人に与えられた一つの運命である。
ただ、その境涯に素直に生きるがよい。



素直さは人を強く正しく聡明にする。
逆境に素直に生き抜いてきた人
順境に素直に伸びてきた人
その道程は異なっても
同じ強さと正しさと聡明さを持つ。



| Private | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

道をひらく〜The Path 松下幸之助

 他人の道に心奪われ

思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。

こころを定め 懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても

休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる

深い喜びもうまれてくる。








| Private | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

スヌーピーの人生案内より〜谷川俊太郎、チャールズ・シュルツ


 Life philosophy〜人生の最初のページより

いかに生きるかについてのレポートです
This is my report on how to live...


最善の生き方は、一回に一日ずつ生きること
They say the best way is just to live one day at a time...


もし一度に七日生きようとしたら、
知らない間に一週間が終わってしまいます。
If you try to live seven days at a time,
the week will be over before you know it..
| Private | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

人生の意味より抜粋〜キャロル・アドリエンヌ
 あなた

目には見えないエネルギーの場のなかで
あなたは自分の力で、本当の自分へと成長していく

あなたが抱いている目的と
あなたに絶え間なくおくられてくる情報
それがあなたの成長の源だ

情報は本当の自分になるための栄養素である

目的にしたがって生きていれば 心のなかに
神が訪れる隙間が生まれてくる

相手と理解しあい
内面の導きと外からヒントに基づき行動し
柔軟性を失わず
責任を引き受け 自分をもう犠牲者にはしないと宣言し
神の意思に身を任せ
柔軟性、寛容、同情、愛の力
を磨くレッスンに取り組むことである







ジェームスヒルマンの言葉


自分の人生を快く受け入れ、すべての可能性に心を開き
次のステップが示されたら 進んで実行に移そうとする能勢でいるとき
自分の人生に貢献してくれる最も重要で素晴らしい人物と出会う。
その人物と目と目が合う瞬間、魂が結びついたように
瞬時に人生の一部を共有することになる
| Private | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

Page: 1/3   >>

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend