元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
風に立つライオン〜さだまさし
 突然の手紙には驚いたけど嬉しかった
何より君が僕を怨んでいなかったということが
これから此処で過ごす僕の毎日の大切な
よりどころになります ありがとう ありがとう

ナイロビで迎える三度目の四月が来て今更
千鳥ヶ渕で昔君と見た夜桜が恋しくて
故郷(ふるさと)ではなく東京の桜が恋しいということが
自分でもおかしい位です おかしい位です

三年の間あちらこちらを廻り
その感動を君と分けたいと思ったことが沢山ありました

ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが
一斉に翔び発つ時 暗くなる空や
キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット
何より僕の患者たちの 瞳の美しさ

この偉大な自然の中で病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね
やはり僕たちの国は残念だけれど何か
大切な処で道を間違えたようですね

去年のクリスマスは国境近くの村で過ごしました
こんな処にもサンタクロースはやって来ます
去年は僕でした
闇の中ではじける彼等の祈りと激しいリズム
南十字星 満天の星 そして天の川

診療所に集まる人々は病気だけれど
少なくとも心は僕より健康なのですよ
僕はやはり来てよかったと思っています
辛くないと言えば嘘になるけど しあわせです

あなたや日本を捨てた訳ではなく
僕は「現在(いま)」を生きることに思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する滝のように
僕はよどみない生命(いのち)を生きたい
キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は風に向かって立つライオンでありたい

くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい
最后になりましたが あなたの幸福を
心から遠くから いつも祈っています

おめでとう さよなら



| Private | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

償い 〜さだまさし
月末になると 

ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに
 必ず横町の角にある郵便局へとび込んでゆくのだった

 仲間はそんな彼をみてみんな貯金が趣味のしみったれた奴だと
 飲んだ勢いで嘲笑っても 
ゆうちゃんはニコニコ笑うばかり

 僕だけが知っているのだ 
彼はここへ来る前にたった一度だけ
 たった一度だけ哀しい誤ちを犯してしまったのだ

 配達帰りの雨の夜 横断歩道の人影に
 ブレーキが間にあわなかった 
彼はその日とても疲れてた

  人殺し あんたを許さないと 彼をののしった
  被害者の奥さんの涙の足元で
  彼はひたすら大声で泣き乍ら
  ただ頭を床にこすりつけるだけだった
 
  それから彼は人が変わった 
何もかも
  忘れて 働いて 働いて
  償いきれるはずもないが せめてもと
  毎月あの人に仕送りをしている


 今日ゆうちゃんが僕の部屋へ 
泣き乍ら走り込んで来た
 しゃくりあげ乍ら 
彼は一通の手紙を抱きしめていた

 それは事件から数えてようやく七年目に初めて
 あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り

 「ありがとう 
あなたの優しい気持ちは 
とてもよくわかりました
  だから どうぞ送金はやめて下さい 
あなたの文字を見る度に
  主人を思い出して辛いのです 
あなたの気持ちはわかるけど
  それよりどうかもう 
あなたご自身の人生をもとに
戻してあげて欲しい」
 

  手紙の中身はどうでもよかった 
それよりも
  償いきれるはずもない 
あの人から
  返事が来たのが 
  ありがたくて ありがたくて
  ありがたくて ありがたくて
 
ありがたくて
   神様って 
思わず僕は叫んでいた
  彼は許されたと思っていいのですか
  来月も郵便局へ通うはずの
  やさしい人を許してくれて ありがとう

 
  人間って哀しいね 
だってみんなやさしい
  それが傷つけあって 
 かばいあって
  何だかもらい泣きの涙が 
 とまらなくて
  とまらなくて 
  とまらなくて 

 とまらなくて



| Private | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

男は大きな河になれ〜作詞:さだまさし
 せつないことがあったら
大きく叫んで 雲を呼べ
それでも雲で覆えぬほどの
男は大きな宇宙(そら)になれ

嬉しいときは腹から笑え
笑えば嬉しい花が咲く
心を花で埋めて(うずめて)見せろ
女は優しい風になれ

苦しいときほど意地をはれ
目をそらさず雨を見ろ
泣かずに雨を集めて そして
男は大きな河になれ

寂しいのは一人だけじゃない
歩けば転ぶ 怪我もする
そこで捨てたなら負けになる
男は大きな夢になれ

喜びは人と分かち合え
悲しみは人に預けるな
許せる限り受け止めてやれ
女は大きな海になれ

寂しいのは一人だけじゃない
歩けば転ぶ 怪我もする
泣かずに雨を集めて そして
男は大きな河になれ
男は大きな河になれ


| Private | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

ふるさと〜歌詞 高野辰之
 
兎追いし 
かの山

小鮒釣りし 
かの川

夢は今も めぐりて、
忘れがたき 
故郷(ふるさと)



如何(いか)に在(い)ます 
父母

恙(つつが)なしや 
友がき

雨に風に つけても
思い出(い)ずる 
故郷




志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷






| Private | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

真夜中のギター〜吉岡治

 町のどこかに 
さみしがり屋がひとり
今にも泣きそうに ギターを弾いている

愛を失くして 
何かを求めて
彷徨う似た者同士なのね

ここへおいでよ。 
夜は冷たく長い
黙って 夜明けまで ギターを弾こうよ


空をごらんよ
さみしがり屋の星が
なみだの尾をひいて
どこかへ旅に立つ

愛をなくして 
何かを求めて
彷徨う 似た者同士なのね

そっとしときよ
みんな孤独でつらい

黙って夜明けまで
ギターを弾こうよ



| Private | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

遠くへ行きたい〜作詞 永 六輔
 

知らない街を歩いてみたい
どこか遠くへ行きたい
知らない海をながめていたい
どこか遠くへ行きたい


遠い街 遠い海
夢はるか 一人旅


愛する人とめぐり逢いたい
どこか遠くへ行きたい


愛し合い 信じ合い
いつの日か 幸せを



愛する人とめぐり逢いたい
どこか遠くへ行きたい




| Private | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

ストリッパー 作詞 三浦徳子. 作曲 沢田研二 歌手 沢田研二
村上春樹氏の雑文集より
「 新しい言葉なんてどこにもありはしない。
ごく当たりまえの普通の言葉に、新しい意味や、特別な響きを賦与するのが
われわれの仕事なんだ」 に感じて。


ヒールを脱ぎ捨て ルージュを脱ぎ捨て
すべてを脱ぎ捨てたらおいで
裸にならなきゃ はじまらない
ショーのはじまりさ
過去を脱ぎ捨て 昨日を脱ぎ捨て
すべてを脱ぎ捨てたらおいで
瞳をかくして 逃げ込むなら
話しにならないぜ
朝でも 夜でも 真昼でも 恋はストリッパー
裸のふれあい
春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリッパー
見せるが勝ちだぜ
おれのすべてを見せてやる
おまえのすべてを見たい

嘘を脱ぎ捨て 罪を脱ぎ捨て
すべてを脱ぎ捨てたらおいで
男と女は アダムとイブ
可愛いものだよ
未来を脱ぎ捨て 明日を脱ぎ捨て
すべてを脱ぎ捨てたらおいで
弱いところを 見せちまえば
きれいに変われる
朝でも 夜でも 真昼でも 恋はストリッパー
人生のステージ
春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリッパー
幕は上がってる
おれのすべてを見せてやる
おまえのすべてを見たい
| Private | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

アンパンマンの歌〜やなせたかし


そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも

 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!


 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため


 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!


 忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも


 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため


 時は はやく すぎる
 光る 星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで


 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ どんな敵が あいてでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため



| Private | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

矛盾の上に咲く花〜モンゴル800
 人は弱し、うわべ装い 心は裸、うわべは崩れる
もろい裸心はたやすく傷つき
救いを求めうろたえる

頼れるもの捜ししがみつく その繰り返しが人の歴史
小さすぎる世界観、大いなる自然にごめんなさい

誰のせいだとか関係ない
気にする暇があれば笑いなさい

美しい空の青、海の青、この島すでに悲しき日本色
この小さな島に溢れていた おばぁの笑顔も涙でゆがむ

心から皆で歌える国の歌なら楽しいかもね
平和を願い叫ぶ前に これ以上自然を壊さないで

矛盾の上に咲く花は、根っこの奥から抜きましょう

同じ過ちをくりかえさないように根っこの奥から抜きましょう

そしたら新しい種をまこう、誰もが忘れていた種を蒔こう

そしたら野良犬も殺されない 自殺するまで追い詰められない
どの国も優しさで溢れ、戦争の二文字は消えていく
そして振り出しに戻り  今素敵な世の中をつくろうか

素敵な世の中をつくろうか







| Private | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

あなたの行く朝〜加藤登紀子

 いつのまにか夜が明ける
遠くの空に
窓を開けて朝の息吹を
この胸に抱きしめる

あなたの行く朝の
この風の冷たさ

私は忘れないいつまでも

もしもあなたが
見知らぬ国で生きていくなら

その街の風のにおいを
私に伝えておくれ

あなたのまなざしの張り詰めた想いを
私は忘れない いつまでも


海の色がかわり 肌の色が変わっても
生きていく人の姿は変わりがないと
あなたはいったけど
あの晩 好きな歌を次から次へと歌いながら
あなたが泣いていたのを私は知っている


生まれた街を愛し
育った家を愛し ちっぽけな酒場やほこりにまみれた部屋を愛し
兄弟たちを愛したあなたを私は知っている。

いつかあなたが見知らぬ国を愛しはじめて
この街の風のにおいを忘れていく日が来ても
あなたがゆく朝の別れのあたたかさ
私は忘れない いつまでも



| Private | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

Page: 1/3   >>

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend