元気になる詩、強くなれる言霊。。
 私からあなたへ
  Pay it forward
月と六ペンス〜サマセットモーム(金原瑞人訳)

 

                 

美とは、芸術家が世界の混沌から

魂を傷だらけにして作り出す素晴らしいなにか、

常人がみたこともないなにかなんだ

 

 

それもそうして生み出された美は

万人がわかるものじゃない。

美を理解するには

芸術家と同じように魂を傷つけ、世界の混沌を見つめなくてはならない

 

 

たとえるなら

美とは、芸術家が鑑賞者たちに

聴かせる歌のようなものだ。

その歌を心で聴くには

知識と感受性と想像力がなくてはならない。

 

| Private | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

わが息子よ、君はどう生きるか〜チェスターフィールド

斃れた親を喰い尽して力を貯える獅子の子のように

力強く勇ましく、私を振り捨てて人生に乗り出していくがいい〜有島武朗

 

子供には、批評よりも手本が必要である。〜ジュ-ベール

 

「ひとつことに長時間集中できない」ということは、

自分はバカです。無能です、と自己表明していると同じことなのだ。

 

「悪事は許されることがあっても、侮辱は許されることがない。

人には、それぞれプライドというものがあり、

それがいつまでも馬鹿にされたということを覚えているのだ」

 

 

「威厳のある態度とは、やたらにゴマをすることではない。

八方美人のように振る舞うことでもない。

反対に何にでも逆らうことでもない

口うるさく議論をふっかけることでもないい。

自分の意見を控え目にはっきり言う。

ほかの人の話は気持ちよく聞く。

こういう姿勢は威厳のある態度と言えるだろう。」

 

父のいましめは、みなわが身の幸〜一茶

 

「朝は本から学び、夜は人から学ぶ。」

| Private | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

葬儀のブルース〜オーデン   映画フォーウェディングより

 

時計を止めよ

電話を切れ
ほえる犬を黙らせよ
ピアノもドラムも止めよ


棺を出せ
嘆きの列を通せ
飛行機を空に飛ばしー
こう 書かせよう


彼は死んだ


ハトの白い首に黒い喪章を巻け
警官は黒い手袋をはめよ


彼は私の道しるべ
仕事の毎日 休みの日曜
私の真昼 真夜中
おしゃべり そして歌


愛は永遠と思ったがー
それは違う


星も意味はない
一掃せよ
月も太陽も排除しよう
海も森も遠ざけよ


慰めるものは何もない

 

 

 

 

| Private | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

夜と霧〜ヴィクトール・E・フランクル 訳 霜山徳爾
 「苦悩の冠」より〜

創造的および享受的生活ばかりが意味を持っているわけではなく
生命そのものが一つの意味をもっているなら
苦悩もまた一つの意味を持っているに違いない。
苦悩が生命に何らからの形で属しているならば、
また運命も死もそうである。
苦難と死は人間の実存を始めて一つの全体にするのである!






絶望との戦いより〜

ここで必要なのは、
生命の意味についての問いの観点変更なのである。
すなわち人生から
何をわれわれはまだ期待できるかが問題ではなくて、
むしろ人生が
何をわれわれから期待しえいるかが問題なのである。




すなわち、われわれが人生の意味を問うのではなくて、
われわれ自身が問われた者として体験されるのである。
人生はわれわれに毎日毎時間問いを提出し、
われわれはその問いに、
詮索や口先ではなくて、正しい行為によって
応答しなければならないのである。
人生というのは結局、
人生の意味の問題に正しく答えること、
人生が各人に課する使命を果たすこと、
日々の務めを行なうことに対する責任を
担うことにほかならないのである。

この日々の要求と存在の意味とは、人毎に変わるし、
また瞬間毎に変化するのである。
従って人生の生活の意味は
決して一般的に述べられないし、
この意味についての問いは
一般的に答えられないのである。

各人にとって唯一つで一回的である人間の運命は、
この具体性を伴っているのである。
如何なる人間、如何なる運命も
他のそれと比較され得ないのである。
如何なる状況も繰り返されないのである。
そして、
その状況ごとに人間は異なった行動へと呼びかけられるのである。





〜〜〜〜
リルケをして「苦悩の極みによって如何に昂めらし」とうたわせるもの

全くわれわれにとって苦しみぬくこと、
「苦悩の極みによって如何に昂めらし」うることは充分にあったのである。
従って必要なものはそれをいわば直視することであった。
もちろんそこには、気が弱くなる危険や、
秘かに涙を流したりすることもあるのであろう。
しかし、彼はその涙を恥じる必要はないのである。
むしろ、
それが彼が苦悩への勇気という偉大な勇気を持っていることを
保証しているのである。
しかし、そのことを知る者は少なく
多くの人は恥じながら
彼が何度も泣き抜いたことを告白するのである。
・・・わたしがかつて、どうして彼の飢餓浮腫が癒ったかと聞いたある友は
比ゆ的に次のように云った。
「私がそれを泣きぬいたからです」



〜〜〜
しかしながら
人生は彼らからまだあるものを期待しているいうこと
すなわち人生におけるあるものが
未来において彼らを待っているということを
示すのに私は成功したのであった。

この各個人が持っている、
他人によって取りかえられ得ないという性質
かけがえないということは、
意識されればー
人間が彼の生活やいき続けることにおいて
担っている責任の大きさを明らかにするものである。
待っている仕事。あるいは待っている愛する人間、
に対しても持っている責任を意識した人間は
彼の生命を放棄することが決して出来ないのである。
彼はまさに彼の存在の「何故」を知っているのであり、
従って、また「ほとんど如何なる如何に」にも耐え得るのである。

| Private | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

クレド〜弱き者の信仰宣言〜シスター古木
 成功を収めるために 神に力を願ったのに
弱くなってしまった 謙遜を学ぶように
偉大なことをするために 神に健康を願ったのに
病気になってしまった 神の心に叶うように


わたしの願いは何一つ 叶えられなかったけれど
希望した全てのことを わたしは受けた


幸せになるために 神に富を願ったのに
貧しくなってしまった 生きる厳しさ知るように
弱い人を助けるために 神に権威を願ったのに
無力になってしまった 神に頼ることを学ぶように


神はわたしに必要なこと 何もかも知っておられる
希望した全てのことを わたしは受けた


人に尊敬されるため 神に手柄を願ったのに
ただ失敗に終わった 思い上がらないように
聖なる人になるために 神に徳を願ったのに
罪の醜さに泣いた 神の愛の深さ悟るために


わたしの姿は変わらない 弱く何もできないけれど
喜びに満ちあふれて わたしは歌う




| Private | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

第二章一流経営者の発想〜一流たちの金言
 遠きをはかるものは富み、
近くをはかる者は、貧す。より抜粋〜塚越寛(伊都食品工業社長)

私が思うに
積極的な生き方をする人が運をつかむ。

商売というのは、如何に目先の逆。
如何に遠くを計るか、それが勝負なんです。
大概の人は目先の欲をかいて取ろう取ろうとする。
だから、うまくいかないのです。

やはり、与える というこころの余裕がないといけません







新しいものを取り入れるために、
古いものを捨てる。より抜粋〜松井道夫(松井証券社長)




もちろん私も
正しい決断ばかりしてきたわけではない、
間違った決断も随分してきました。

あるとき、それを整理してみると、正しい決断にも
間違えた決断にもそれぞれ共通項があることがわかりましてね。

正しかった決断は
すべてマイナスの決断、捨てる決断です。

そして、間違った決断は、
すべからくプラスの決断、足し算の決断
捨てないで加える決断だったのです。

私はどうしてかと自分なりに分析してみました。

捨てる決断で何をすてるかというと
全部過去に積み重ねてきたものです。

それは、いろんな努力、苦労の集積だから
捨てることによる痛みを計算できる。

ところが、捨てて得られるものは、全部未来のことです。
将来のことはやってみないとわからないから計算が出来ない。

〜〜〜〜〜〜〜〜

禅の言葉に

坐忘 という言葉があります。

新しいものを取り入れるためには
まず、古いものを捨てなければいけないということです。
まず、古いものを捨てて場所を空けないと
新しいものは入らないのです

| Private | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

第6章 心を磨く〜一流たちの金言 より
 すべて神様が皆さんに遣わした人たち〜林成之(日本大学大学院総合科学研究科教授)

命がけの戦いとは、
過去の実績や栄光を排除し、
いま、ここにいる自分の力がすべてと考え、
あらゆる才能を駆使して勝負に集中する戦い方をいうのです。

これは素直でないとできません
素直でない人、理屈を言う人はあれこれ考え、
その情報に引っ張りまわされます。

素直な人は、過去も未来もない
いまの自分でどう勝負するかに集中できるのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜
私達一人ひとりの人生の勝負は自分の才能を
如何に引き出すかだと思います。

だから、家族も会社の社長や上司、学校の先生など
みんな神様が遣わしてくれた人だと思って
好きになればいいのです。

会社がつまらない、上司が嫌いだと言っていたら、
本当は能力があっても、
自分で自分の才能を閉じてしまうことになる、

| Private | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

言葉の花束〜三浦綾子
 「孤独のとなり」より

心をひらく
ということがなぜできなのか。それは心を開くために必要な愛が
私達人間にはないからではないか




「生かされてるある日々」より

黒柳朝さんの本に
「すばらしいものはみんなタダ。
愛情、太陽、空気、水、勇気、信じること、情熱、好奇心・・・」
とあったのを思い出す。
すばらしいものがすばらしいとわかること
これは、実に私達人間にとって稀有なことなのだ。
何が大切か、
何がすばらしいのか
それを知らずに生きてるのが私たちなのだ。



「あのポプラの上が空」より

惇一君、こんな言葉を知ってるかい
金持ちより貧乏人のほうがよく微笑する。ってえ言葉だかね
なぜ、金持ちが笑えないか。
ろくなことを考えないからだよ。
そうだ、貧乏人について、
こんなことばもあったな、
神は、金持ちより貧乏人を愛している。
ではければ、こんなにたくさんの貧乏人をつくるわけはない。
これも一面の何かをかたっているな。



「生きることを思うこと」

たどたどしい手紙は、
私の病気が治るまで続いた。
私は、彼女の手紙を読みながら、いつも心うたれ、そして教えられた。
「字は何のためにあるか」と
K子は、級友のうちで一番成績が悪かった。
字を一番おぼえていなかった。
しかし、どの級友よりも彼女は数多く
私に見舞い状をくれた。
自分の知っている限りの字を
かき集めるようにして書いた手紙をくれた。
彼女は、字をたくさん知らなかった。
だが、
「人は何のために字を学ぶか」
ということだけは、知っていたと、私は思った。



| Private | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

人間の土地〜サン=テグジュペリ 訳 堀口大学 
 定期航空

 
僕ら人間について、大地が、万巻の書より多くを教える。
理由は、大地が人間に抵抗するがためだ。
人間と言うのは、障害物に対して戦う場合に、
はじめて実力を発揮するものなのだ。

もっとも、障害物を征服するには、人間に、道具が必要だ。
〜 農夫は、耕作している間に、
いつか少しずつ自然の秘密を探っている結果になるのだが
こうして、引き出したものであればこそ、
はじめてその真実、その本然が、世界共通のものたりうるわけだ。




僚友

「何ものにも、死んだ僚友のかけがえには絶対になりえない。
旧友を作ることは不可能だ。
何ものも、あの多くの共通の思い出、
ともに生きてきたあのおびただしい困難な時間
あのたびたびの仲たがいや仲直りや
心のときめきの宝物の尊さにおよばない。
この種の友情は、二度とは得がたいものだ。
樫の木を植えて、すぐ葉陰に憩おうとしてもそれは無理だ。」




ある一つの職業の偉大さは
もしかすると
まず第一に
それが人と人を親和させる点にあるかもしれない




真の贅沢と言うものは、ただ一つしかない。
それは人間関係の贅沢だ。



人間であるということは、
とりもなおさず責任をもつことだ
人間であるということは、
自分に関係がないと思われるような不幸な出来事に対して
忸怩(じくじ)たることだ。
人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を
誇りとすることだ。
人間であるということは、
自分の石をそこに据えながら
世界の建設に加担していると感じることだ





| Private | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

星の言葉〜サン=テグジュペリ 編、訳 斎藤孝

 「自分がちっぽけに見えても」

〜 ぼくたちはたとえどんなに小さなものであろうと
自分の役割を自覚したときにだけ
幸福になれる




「ひとりでいるのがつらいとき」

〜大切なのは
自分が生きた証しがどこかに残っていることだ
ちょっとした習慣
家族と過ごした休暇
思い出の詰まった家
大切なのは
もう一度家に帰るために
生きることだ。




「生きることに疲れたら」

〜人生は矛盾だらけ
やれるようにやるしかない
それでも人生は続いていく



「楽しいことがなかった日」

〜大事なのは、重々しいことじゃない
微笑むだけでいい
人は微笑みで報われる
人は微笑みで生かされる
命を捨ててもいい。。と思うほどの
微笑みさえあるのだ。




「恋人とけんかしたら」

〜沈黙の一秒、一秒が
僕の愛する人を少しずつ殺してゆく



| Private | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

Page: 1/23   >>

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Recommend